• 菊池将徳

インスペクションとは?

更新日:2021年12月1日


その物件、そのまま購入して大丈夫ですか?? 建物検査済み物件だと何が「安心」なのか? 建物検査をする業者の資格を持った検査員、専門業者がプロの目で購入予定の建物を検査! 見た目には見えない修繕箇所や将来のリフォームの必要性が判明することも。 物件のいいところも悪いところも分かるように報告書やリフォームガイドをもとに 客観的に判断が可能です。 中古住宅を安心して購入するために、建物検査済み物件から不動産探しをしましょう。


「ERAインスペクションNext」とは?

建物の劣化状況(悪いところの検査)だけでなく、キッチンやバス・トイレなどの設備に加えて、耐震性・断熱性といった性能まで検査をし、総合的に建物を判断する、一歩進んだ建物検査です。 売主様にとっても修繕にかかる費用の目安がわかるので戦略が立てやすくなります。 ※ただし本サービスは建物・住宅設備に瑕疵がないことを保証するものではありません

サービスの詳細


  • 建物の劣化を検査します…経年による構造体の劣化や雨漏れの有無、配管の劣化による水漏れの有無を検査します。当検査でJIO既存受託かし保証保険(個人間用)を付保できるかを判断できます。

  • 設備機器を検査します…住宅設備機器(トイレ、ユニットバス、キッチン、洗面化粧台等)が正常に動作するか、故障や水漏れがないかを検査します。

  • 建物の性能について検査します…快適な住まいの目安である耐震性・断熱性・防犯性・バリアフリー等の性能について検査します。 ※耐震性については建築関連書類による検査となります。

  • シロアリ被害について検査します…床下に入り、シロアリに関する検査を行います。現時点でシロアリの問題が発生していないかを調査します。 ※ネクストプランについては、オプションのシロアリ検査(保証付き)と同様になります。


多彩なプラン別検査項目!


プラン別の検査項目を見る

戸建住宅の検査ポイントを見る



閲覧数:170回0件のコメント

最新記事

すべて表示